三浦歯科医院
三浦歯科医院 審美歯科 三浦歯科医院
HOME
医院紹介
一般歯科
矯正歯科
小児歯科
インプラント
歯周病治療
審美歯科
お問合せ
三浦歯科医院
〒560-0053
 大阪府豊中市向丘1-7-11
  田中ビル1F
 06−6852−8848
診療時間
午前9:30〜12:30
午後2:30〜
7:30
審美歯科 治療例
着色している歯を白くしたい、かぶせものを白くやりかえたい、口元をイメージアップしたいなどの患者様のご要望に応じて様々な治療法があります。
歯の形を変える治療例
前歯が一本だけ小さくてしかもすき間があります 歯の表面のエナメル質を全体的に削りこの上に反対側の歯と同じようにつくったセラミック冠をかぶせることで美しさを回復します。 治療後の状態です。 左横の歯と色も形もほとんど同じような状態になりました。
変色した前歯の治療例
治療の途中でそのまま放置された前歯です。歯の神経をとって長い間放置すると歯の色は黒褐色に変色し一本だけ目立ってきています。 完全に治療をして色も形も反対側の歯と同じ状態に作ったセラミック冠をかぶせることで美しさを回復しました。 変色した1本の歯を治療しただけで安心して笑顔を出せます。口元も気になりません。
折れた前歯の治療例
事故で折れてしまった前歯です。 残った根の治療を確実に行いその根の中に金属の柱を立てて、その上に反対側と同じ色と形のセラミック冠をかぶせることで元通りの美しさを回復しました。 事故で折れてしまった前歯です。折れた部分にうっすらと赤い神経が出ているのが見えます。また反対側の前歯には金冠をかぶせることで歯と歯のすき間を埋めていたようです。 二本の歯の神経をとり根の治療を確実に行いその中に金属の柱を立ててその上に治療より少し幅広いセラミック冠を入れることで歯のすき間をうめ、他の歯とほとんど変わらないようにして美しさを回復しました。
前歯を抜いた治療例 事故で抜けた前歯の治療例
右の上の歯が折れています。これはむし歯がひどくて音の治療をしても助かりません。こんな場合は残った根を抜いてその両方の歯を削ってそれを土台にして取り付け(固定式)の歯にします(ブリッジ)。 歯肉も健康的に回復しぬいたところにも新しく歯が入りました。 車の事故によって左の前歯の1本が抜けてしまいもう1本も折れて抜けそうです。骨が折れているので助かりません。 数ヵ月後キズが治ったところで残った歯を土台にしてセラミック冠のブリッジが入ります。
歯周病(歯槽膿漏)の治療例
大変ひどい(重度)歯槽膿漏(歯周炎)です。歯肉が真赤に炎症をおこして腫れているのが分かります。 上の前歯4本がすでに抜けているのがわかります。 歯槽膿漏の大きな原因であるプラークをブラッシングによって十分清掃し、また衛生士さんたちの専門的な歯垢除去などで歯肉が少しずつ改善してきたところで治療しても助からない歯を抜いて1ヶ月が経過したところです。抜いた歯は左上の犬歯と左下の切歯2本です。 歯肉が健康状態を取りもどし抜いたところの傷が完全によくなるまでバネつきの仮歯を入れています。歯を磨くときは取り外して十分手入れできます。 下の歯は、残った健康な歯の表面の白く美しい部分をそのまま残して裏側を削りそこに金属冠を入れてそれを土台にして歯の抜けたところにブリッジを入れました。上の歯は抜いたあとの歯肉が大変やせているので台つきで歯肉の状態を回復した歯をつくり、取り外しの入れ歯が入っています。
金属の歯を自然な白い歯にする治療例
前歯に金属色を見せるのは口元を暗くして、せっかく笑顔をつくっても美しい瞳の輝きは打ち消されてしまい、 素敵な笑顔とはいえません。自然な歯の色と形が望ましいものです。
プラスチックの歯をセラミック冠にする治療例
右側の前歯の内側は金属ですが、表面はプラスチックが使用されています。プラスチックは数年後にはすりへってしまい、このような状態です。 1本だけが黒く見えて大変気になり、来院されました。 左側の前歯と同じ形で同じ色に作ったセラミック冠を新しくかぶせなおすことで美しさを回復しました。 「やっとこれで自分の顔にも責任がもてるようになった」と喜ばれました。 前歯5本はプラスチックの歯です。入れて数年後にはこの様に黄茶褐色に変色して来院されました。 下の前歯と同じ色に作ったセラミック冠を新しく入れなおすことで美しさを回復しました。 セラミック冠は歯ブラシですりへることや黄色の心配はありません。
デンタルクリーニング(歯面清掃)
毎日きれいに磨いているつもりでも日常のブラッシングだけでは十分にプラークや歯の汚れは取れません。 患者さんだけではコントロールしきれない部分を、専用の器具を使用して清掃・研磨していきます。
これは虫歯や歯周病の予防、お口の臭いの改善に効果的なクリーニングです。

ご自身で鏡を見ながら磨いてもとれない歯垢(プラーク)、たばこのヤニ、お茶、コーヒー 、紅茶、赤ワインなどの着色ご自身ではなかなかうまく磨くことができない歯と歯茎の境目

3ヶ月〜6ヶ月に一度、クリーニングをしましょう。
ホワイトニング
ホワイトニングについての説明・治療例